リップル

DeFi相場高騰の火付け役、イールドファーミングでは何が起こったのか|特徴と熱狂の理由を解説

DeFiブームの火付け役、イールドファーミング2020年夏、仮想通貨業界で特に注目を集めたコンセプトが、イールドファーミング(Yield Farming)だ。イールドファーミングの流行をきっかけに、DeFi(分散型金融)領域に足を踏み入れた...
ビットコイン&ニュース

SBIHD、リップルによるマネータップ株式会社への出資のお知らせ

Source: bitpress
ビットコイン&ニュース

[日経] 新興国、デジタル通貨続々 カンボジアやバハマで発行

Source: bitpress
リップル

米クラーケンの日本再参入──戦略、役割、変わる暗号資産【インタビュー】

暗号資産取引所「クラーケン(Kraken)」を運営するペイワードが日本で事業を本格的にスタートさせた。日本法人のペイワードアジア(Payward Asia)が金融庁に申請していた仮想通貨交換業者の登録が認可され、国内における取引サービスが1...
マネーニュース

セキュリティトークンを扱う取引所を大阪に 北尾氏が国際金融センター構想で | リップルの拠点移転にも言及

SBIホールディングスの北尾吉孝CEOは、10月28日に開催された決算説明会の中で、セキュリティトークンを取り扱う新たな私設取引所(PTS)を大阪に設立する考えを示した。 Source: cointelegraph
リップル

DeFi最大手Uniswapで初のガバナンス投票、賛成多数も結果的に否決した理由

Uniswap初のガバナンス投票結果先月独自のガバナンストークン「UNI」をローンチした、暗号資産(仮想通貨)分散型取引所大手のUniswapで、初めての提案に対するガバナンス投票が行われ、その結果が明らかになった。厳密には異なるが、投票を...
マネーニュース

ビットフライヤーと住友商事、ブロックチェーン使った不動産賃貸契約プラットフォームを来年本格商用開始へ

ビットフライヤー・ブロックチェーン(bitFlyer Blockchain)は、10月28日、住友商事と共同でスマートコントラクト機能を備えたブロックチェーン「miyabi」を活用した不動産賃貸契約プラットフォーム「スマート契約」のプレ商用...
マネーニュース

イーサリアム2.0、ステーキングの課題に増大するDeFiの存在感|ConsenSysレポート

コンセンシスのDeFiレポートコンセンシス(ConsenSys)は、DeFi(分散型金融)の第3四半期レポートを公表した。レポートでは、Compoundのガバナンストークン配布などをきっかけの一つとしてDeFiが盛り上がりを見せたQ3を振り...
マネーニュース

「仮想通貨ファンドは21年に延期」SBIHD決算、仮想通貨取引所事業の税引き前利益は前年同期比44.4%増 

SBIが決算発表SBIホールディングスは28日、2020年4~9月期決算を発表した。グループの収益(売上高)は、前年同期比で18.7%増の2281億6500万円、四半期利益は18.7%増の331億400万円となった。グループ全体の増収に貢献...
マネーニュース

仮想通貨ビットコイン 今年最高値更新 ”悪夢”の大統領選でどうなる?【ドルフィンfのチャート分析】

仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)は今年最高値を更新した。執筆時点では1万3700ドルほどと昨年6月の高値付近で推移をしている。 Source: cointelegraph
マネーニュース

Crypto.com、PayIDを自社アプリに統合

PayIDと提携暗号資産(仮想通貨)の決済サービスを提供するCrypto.comが、世界中で利用できる送金IDであるPayIDを、自社アプリに統合することを発表した。これによりユーザーは、PayIDを利用している他のユーザーからの仮想通貨の...
マネーニュース

SBI VCトレード、11月にレンディングサービス開始 | 仮想通貨ファンド運用は来年度に

SBIホールディングスは10月28日、2020年4~9月期の決算を発表した。仮想通貨(暗号資産)取引所事業の上半期の税引前利益は、前年同期比44.4%増の47億1200万円となった。ビットコインをはじめとする仮想通貨が上昇していることで取引...
マネーニュース

背景にあるのは経済制裁、キューバで「ビットコイン送金システム」の需要が拡大

「ビットコインで送金して法定通貨で届ける」1962年から米国政府より経済制裁を受けるキューバで、ビットコイン(BTC)が制裁を回避して送金する手段として用いられている。その事例について地元メディアが報じた。長期化する経済制裁を受け、すでに複...
マネーニュース

マスターカードCEO「金融包摂は仮想通貨よりも中銀デジタル通貨の方が相応しい」

マスターカードCEOの見解大手金融機関マスターカードのCEOは、中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)を金融包摂の適切な手段と見ていることがわかった。マスターカードのCEOを務めるAjayBanga氏は、フォーチュン誌が主催するオンライ...
マネーニュース

イーサリアム2.0のステーキング参加、高利回りのDeFiが障壁となる可能性=コンセンシスがレポート

イーサリアム(ETH)2.0のフェーズ0が開始されたとき、分散型金融(DeFi)の上昇とハイイールドの流動性供給は、ステーキングへの参加の障壁となる可能性があると、コンセンシスのレポートは指摘している。 Source: cointeleg...
リップル

ノンファンジブルトークン(NFT)の取引高が急増、平均購入価格も7倍に上昇

 ノンファンジブルトークン(NFT)やデジタルコレクティブは、ピアツーピア(P2P)のマーケットプレイスでの取引高急増し、過去2ヶ月間で積極的に取引されている。仮想通貨(暗号資産)調査会社メサーリによると、NBAファイナスの瞬間を表すNFT...
マネーニュース

ビットコイン、目指すは200万円?【仮想通貨相場】

東京市場時間では、一昨日(10/26)の急落からの反発局面が継続し、朝方からじり高の展開となった。その後も東証マザーズ指数をはじめとした新興市場銘柄を中心に反発を見せたことが好感され、BTCJPYは午後3時までに136.7万円から137.8...
マネーニュース

仮想通貨ビットコインの取引手数料が急騰、3日で3倍に | イーサリアムもなお高止まり

ビットコイン(BTC)の取引手数料は3日間で3倍になり、平均3.52ドルから10.20ドルになった。 Source: cointelegraph
マネーニュース

全米の仮想通貨ATM5000台に売却機能を追加、リバティX「ビットコイン価格の高騰受け」

米国のビットコイン(BTC)ATMネットワークを手掛けるリバティX(LibertyX)は、数千の仮想通貨ATMでビットコインに売却オプションを追加させた。 Source: cointelegraph
ビットコイン&ニュース

ライトコイン相場分析 : 週始めに売られるも即座に反発、8月高値を目指す機運も | ビットバンク マーケット情報

10月27日のライトコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ライトコインは昨日、小幅に上昇し終値を6000円台に乗せました。今週は下落して始まったラ...
マネーニュース

「イーサリアムは有価証券ではない」判断を下したSEC(米証券取引委員会)高官が退任へ

「ヒンマンテスト」のHinman氏が退任へ米SEC(証券取引委員会)高官で、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムが有価証券ではないと初めて公表したことでも知られるWilliamHinman氏が、20年末に退任することがわかった。Hinman氏は...
マネーニュース

ビットコイン投資に関心「55%」──米投資家調査

ビットコインへ投資家の関心が高まる米大手仮想通貨(暗号資産)ファンドのグレースケールが、6月末から7月初旬にかけて実施したビットコインに対する投資家の意識調査で、回答者の半数以上がビットコイン投資に興味を示していることが明らかになった。調査...
リップル

アジア進出強化のオントロジー、Chainalysisと提携へ

チェイナリシスと提携へデジタルID分野に取り組むブロックチェーンプロジェクト、オントロジーは、ブロックチェーン分析企業のチェイナリシス(Chainalysis)との提携を発表した。チェイナリシスの持つコンプライアンスや分析に関するソリューシ...
マネーニュース

高値更新のビットコイン『歴史上、最も重要なブレイクアウトが起きている』

仮想通貨市場とBTC(ビットコイン)28日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン(BTC)価格は、前日比+4.7%の143.6万円(13,764ドル)と高騰。年初来高値を更新した。 TradingViewのBTCUSDチャート 27日、東...
マネーニュース

続くビットコインの快進撃 上値目途と反落のタイミングは?【仮想通貨相場】

27日のビットコイン(BTC)対円相場は54,579円(3.98%)高の1,426,579円と2日続伸し、130万円台後半での保ち合いから上放れに成功(第2図)。終値は140万円台を奪回し、昨日は2019年7月高値の1,436,666円にタ...
マネーニュース

日本で進むIOTA分散型台帳技術の活用

IOTAの技術を活用暗号資産(仮想通貨)IOTAの研究・開発に注力する非営利組織「IOTA財団」は27日、日本の経済産業省所管の独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」が資金提供するプロジェクトに加わったことを発表した...
ビットコイン&ニュース

ビットコイン相場分析 : 再び年初来高値更新、価格は140万円台へ | ビットバンク マーケット情報

10月27日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日ビットコインは再び強く買われ年初来高値を更新しました。価格は140万円台に乗りました...
マネーニュース

仮想通貨ビットコインの2万ドル到達に向けて、最後の大きなレジスタンス

ビットコインの2万ドルの到達に向けて、強気派が現在の重要なレジスタンスを突破することを試みている。 Source: cointelegraph
マネーニュース

米リップル社、SBI傘下のマネータップに出資

マネータップに出資サンフランシスコを拠点とする決済企業のリップル社が、日本のマネータップ株式会社への出資に参加する。マネータップは、リップル社が以前より関係を深めてきたSBIホールディングスの子会社。リップルが保有する技術を用いた次世代決済...
ビットコイン&ニュース

続くビットコインの快進撃 上値目途と反落のタイミングは? | ビットバンク マーケット情報

27日のビットコイン(BTC)対円相場は54,579円(3.98%)高の1,426,579円と2日続伸し、130万円台後半での保ち合いから上放れに成功(第2図)。終値は140万円台を奪回し、昨日は2019年7月高値の1,436,666円にタ...
タイトルとURLをコピーしました