Cointelegraph By Osato Avan-Nomayo

マネーニュース

中国国家発展改革委員会、ビットコインマイニング禁止でパブリックコメント募集

中国の国家発展改革委員会は21日、「段階的に廃止する」産業のリストに仮想通貨マイニングを含めることについて、パブリックコメントを求めている。 Source: cointelegraph
マネーニュース

著名VCのアンドリーセン・ホロウィッツ、米国の仮想通貨規制を巡ってロビー活動展開へ

ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)は、ワシントンDCで米国の仮想通貨規制についてロビー活動を行うようだ。 Source: cointelegraph
マネーニュース

米国が世界のビットコインのハッシュレートシェア1位に 中国の取り締まりが影響

中国によるビットコインのマイニング活動に対するな取り締まりを受けて、米国がハッシュレートのシェアでトップの国として浮上した。中国からマイナーが多く移転したためだ。 Source: cointelegraph
マネーニュース

仮想通貨のエクスポージャー、投資ポートフォリオにポジティブな影響

仮想通貨投資ポジションへの資金配分が、分散投資ポートフォリオのパフォーマンスにポジティブな影響を与えることが示された。 Source: cointelegraph
マネーニュース

株式投資プラットフォームのパブリック、仮想通貨取引機能を追加へ

ニューヨークを拠点とする投資プラットフォームのPublic.comは、仮想通貨取引サービスの開始を発表した。 Source: cointelegraph
マネーニュース

バンク・オブ・アメリカ、仮想通貨エクスポージャーを持つ注目の米国企業20社を特定

バンク・オブ・アメリカ(BofA)は、ウォルト・ディズニーやフォックス・コーポレーション、JPモルガンなど米国の上場企業20社を、仮想通貨にある程度のエクスポージャーを持つ企業として報告した。 Source: cointelegraph
マネーニュース

「Evolved Apes」のNFT制作者が270万ドルを持ち逃げした疑惑が浮上

最近スタートしたPFP(プロフィール・ピクチャー)のNFT(ノンファンジブル・トークン)プロジェクトである「Evolved Apes」の投資家は、プロジェクト開発者の失踪に頭を悩ませている。 Source: cointelegraph
マネーニュース

政府の取り締まりにもかかわらずビットコインはより強固に=エドワード・スノーデン

エドワード・スノーデン氏は、世界中で仮想通貨に対する規制の監視が強化されているにもかかわらず、ビットコイン(BTC)の力強さをアピールした。 Source: cointelegraph
マネーニュース

FRBのパウエル議長、デジタルドルの発行についてはいまだ未定

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入に向けての研究を進めているが、まだ最終的な決定を行ったわけではないと述べている。 Source: cointelegraph
マネーニュース

ペイパル、仮想通貨や預金サービスなどを提供する新しい消費者向けアプリをリリース

ペイパルは、顧客のすべてのデジタル決済ニーズに対応するためのワンストップショップとなる新しいアプリのリリースを発表した。 Source: cointelegraph
マネーニュース

NFTゲーム会社アニモカ・ブランド、NFTプラットフォームBondly株の過半数を取得

非代替性トークン(NFT)のゲームを手掛けるAnimoca Brands(アニモカ・ブランド)が、NFTプラットフォームのBondlyに大規模な出資を行ったと発表した。 Source: cointelegraph
マネーニュース

米映画館チェーンのAMC、イーサリアムやライトコインなどのアルトコイン決済も導入へ

米国で映画館チェーンを展開するAMCエンターテイメントは2021年末までに映画チケット購入でビットコイン(BTC)決済を導入するだけでなく、ほかの人気のある仮想通貨も受け入れる予定だ。 Source: cointelegraph
マネーニュース

キューバ中央銀行、仮想通貨に関する規制が発効

キューバの中央銀行であるキューバ中央銀行は決議215で、ビットコイン(BTC)のような仮想通貨を承認するようになった。 Source: cointelegraph
マネーニュース

マイクロストラテジー、2億4000万ドルでビットコインを追加購入

ビジネスインテリジェンス企業のマイクロストラテジーは13日、ビットコインを追加購入したことを明らかにした。 Source: cointelegraph
マネーニュース

フェイスブックのデジタル通貨「ディエム」、バイデン政権の政策担当者と調整

フェイスブックのデジタル通貨プロジェクト「ディエム(Diem)」(もともとはリブラと呼ばれていた)は、金融規制当局と協調的な関係を構築しようとしているにも関わらず、いまだ軌道に乗ることができていない。 Source: cointelegr...
マネーニュース

仮想通貨マイニング企業アルゴ、ビットコインを担保に27億円のローン契約締結

仮想通貨マイニング企業アルゴ・ブロックチェーンは、同社が保有するビットコインを担保としてローン契約をギャラクシーデジタルと締結した。 Source: cointelegraph
マネーニュース

エルサルバドルの大手金融機関、ビットコイン決済導入のためFlexaと提携

エルサルバドルの大手金融機関であるバンコ・アグリコーラ(Bancoagrícola)は、デジタル決済を手掛けるFlexaと提携し、同国内でのビットコイン採用を後押しする予定だ。 Source: cointelegraph
マネーニュース

マスターカード、仮想通貨フォレンジック手掛けるサイファートレースを買収

マスターカードが9日に発表したリリースによると、仮想通貨フォレンジック調査などを手掛けるブロックチェーン・インテリジェンス企業であるサイファートレースを買収することで合意した。 Source: cointelegraph
マネーニュース

2021年第2四半期は、機関投資家がDeFiに参入=チェイナリシス

分散型金融(DeFi)市場は、個人投資家だけでなく、機関投資家も積極的に参入してきているようだ。ブロックチェーン・インテリジェンス企業であるチェイナリシスのレポートが指摘した。 Source: cointelegraph
マネーニュース

9月7日は新たな「ビットコイン・デー」に エルサルバドルでビットコインの法定通貨化スタート 

9月7日、エルサルバドルのビットコイン法が、正式に発効した。中米のエルサルバドルは、ビットコイン(BTC)を法定通貨として認めた世界で初めての国となった。 Source: cointelegraph
マネーニュース

南アフリカの金融規制当局、バイナンスに対して警告

南アフリカの金融セクター行動局(FSCA)は、仮想通貨取引所バイナンスに対して警告を発した。 Source: cointelegraph
マネーニュース

ツイッターでビットコインの投げ銭機能をテストか=報道

ツイッターが、コンテンツ制作者向けにビットコイン(BTC)の投げ銭(チップ)機能を試験導入している。複数のメディアが報じた。 Source: cointelegraph
マネーニュース

インド、年末までにデジタルルピーの最初の試験を開始=中央銀行総裁が言及

インド準備銀行(RBI)は、今年末までに中央銀行デジタル通貨の最初の試験を開始するようだ。 Source: cointelegraph
マネーニュース

エルサルバドルのビットコイン法定通貨化で送金コスト下がれば、他国も追随=中米開発銀行

中米経済統合銀行(CABEI)は、エルサルバドルのビットコイン(BTC)導入政策の重要な側面として、送金に注目している。 Source: cointelegraph
マネーニュース

マイクロストラテジー、ビットコインを追加購入

マイクロストラテジーは1億7700万ドルを投じ、3907BTCを追加購入した。 Source: cointelegraph
マネーニュース

金とビットコインはどちらが魅力的か? BTCのボラティリティは「投機的」=金鉱山企業CEO

オーストラリアの金採掘企業エボリューション・マイニングのジェイク・クラインCEOは、仮想通貨よりも金の方がより魅力的であると主張している。 Source: cointelegraph
マネーニュース

韓国IT大手カカオ、ブロックチェーン「クレイトン」拡大に向けシンガポールに新組織

韓国のインターネット企業カカオは、同社が手掛けるブロックチェーンプラットフォーム「クレイトン(Klaytn)の新しい拠点をシンガポールに設立した。 Source: cointelegraph
マネーニュース

ウクライナ保安庁、違法な仮想通貨取引所を閉鎖

ウクライナ保安庁が21年初頭より違法な金融取引に関わっていたとされる複数の仮想通貨取引所を閉鎖した。 Source: cointelegraph
マネーニュース

仮想通貨取引所バイナンス、韓国ウォンの取引ペアを停止 | 現地の規制強化に対応か

仮想通貨取引所バイナンスは、韓国での事業に対する一連の変更の一環として、韓国ウォン(KRW)の取引ペアを停止した。 Source: cointelegraph
マネーニュース

ポリ・ネットワークの大規模流出 ハッカーからの返金額は1%にも満たず

分散型金融のポリ・ネットワークで過去最大規模とされる6億ドルの仮想通貨が流出した事件で、ポリ・ネットワークは11日のツイートでイーサとバイナンス・スマートチェーン(BSC)、ポリゴンのウォレットアドレスで返金を受領したことを明らかにした。 ...
タイトルとURLをコピーしました