SBI北尾氏、アフターコロナ見据えサプライチェーンでのブロックチェーン活用に注目|リップル社の次回役員会で提案も

リップル
新型コロナウイルスの反省を活かして今後各国は自国での生産体制を強化する。その時、サプライチェーンにおけるブロックチェーンの活用が注目されることになる。SBIホールディングスの北尾吉孝CEOは、2020年3月期の決算説明会で、新型コロナ後のブロックチェーン活用策について見解を示した。「今回サプライチェーンが切れるというような(事態が起きた)。日本でもどれだけマスクを中国に依存していたか、防護服も中国に依存していたか。どれだけそれで困っているか?」その上で北尾氏は、「これからのサプライチェーンというのは、複数、しかも弾力的に運営できるような形にしていかないといけない」とし、「どこの国がウイルスに強いかウイルスに弱いかまで考えなければならなくなる」と予想した。「どこの国が隠蔽しないで誠実に情報を公開し、世界と協力しあって全人類的な問題を解決する方向で協力し合うか。そういうことができない国は、しんどいですよね」北尾氏がそうした誠実さを担保する方法として注目しているのは、ブロックチェーンだ。1つは透明性を担保できること、もう1つは追跡可能であることだ。具体的には、提携するR3と同社のパートナーで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました