仮想通貨ビットコインのパフォーマンス、米株式指数を上回る【コロナ危機】

リップル
ビットコインの利益率がS&P500超え3月に起きた金融市場の暴落以降、ビットコイン(BTC)の収益性のパフォーマンスは、継続的に米株価指数S&P500の利益率を下回っていたが、29日に逆転した。BTCの価格は29日に高騰し、8000ドル(約85万3000円)を突破。S&P500が過去最高値を更新した2月20日(コロナ危機の影響を受ける前)からのパフォーマンスでS&P500の利益率が-14.01%を、BTCが上回った(-13.85%)。関連:コロナ治療薬で進展 仮想通貨ビットコイン騰勢を強める2月20日のS&P500は3396(36万2200円)ドルで取引を終え、2020年の最高値を記録。同じ日のBTCの価格はおよそ9600ドル(102万4000円)で推移していた。株式市場も仮想通貨(暗号資産)市場も3月13日に暴落し、その後16日にBTCの利益率は-50%超まで下がった。S&P500が13日以降最も低い水準である-35%まで下がったのは3月末。大規模な量的緩和政策などを機に、価格を戻した。BTCとS&P500は共に最安値から徐々に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました