「今こそビットコインに注目すべき」投資家動向が仮想通貨バブル前に類似=Grayscaleレポート

リップル
Grayscaleのレポート米大手投資ファンドのグレースケールが、ビットコイン(BTC)と中央銀行の量的緩和政策に関するレポートを公開し、BTCは安全資産として価値を高めてきているとの見解を示した。新型コロナウイルス感染拡大に対する景気刺激策として各国が量的緩和政策の実行を続けることによって、現金の供給量が増加し、法定通貨の価値は低下。一方BTCは供給量の上限が定められている上に、今月に半減期に迎える。レポートの結論では「今こそBTCに注目すべき時だ」と結んでいる。本レポートではBTCの価値を評価する根拠を説明するために、経済状況が不透明な際の投資先として、国債やゴールド(金)にも言及。それらの金融資産と比較する中で、事前に発行枚数が2100万BTCと決められていること、また中央銀行のような発行者がいないデジタル上の資産という特徴を挙げ、BTCが価値の保存手段、また自由に供給量を増やせることへのリスクヘッジとして機能すると述べている。グレースケールは半減期について、短期的な影響は不明確だが、長期的には投資の際の1つの注目ポイントだと指摘。需要が高まる中、供給量が減少していくアンバランス

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました