チェーンリンクの仮想通貨オラクル、テゾスのエコシステムに統合へ

リップル
 仮想通貨(暗号資産)テゾス(XTZ)開発に携わる2つのチーム、SmartPyとCryptonomicが、チェーンリンク(LINK)のオラクルをテゾスのネットワーク上で利用できるように取り組んでいる。オラクルとは、DeFiなど各種スマートコントラクトに対して、為替レート・株式・財務データ・スポーツのスコア情報・ID情報といった実世界情報を提供する分散型データ管理システムを指す。このほど、2つのチームは、テゾス財団からチェーンリンクのオラクルをテゾスのスマートコントラクトに統合するための助成金を付け取った。Cryptonomicの共同創業者であるVishakhは、テゾスエコシステム内の重要なミッシングリンクを埋めることになると、コインテレグラフに語っている。「弊社のコアチームのほとんどは、数年にわたってファイナンス、特にデリバティブファイナンスに携わってきた。私たちは金融取引を処理するミッションクリティカルなシステムに取り組んでいる。そのため、オンチェーンガバナンスと正式な検証があるテゾスに非常に魅力に感じている。しかし、パズルの欠けたピースが1つ存在している。テゾスのDeFi(分散型金

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました