デフレでもゴールドや仮想通貨ビットコインが魅力的な理由|コロナの経済影響にも物議

リップル
ゴールドやビットコインはデフレに強い資産クラスか?新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、各国政府は緊急経済対策として800兆円を超える予算を投じたにもかかわらず、世界的な景気悪化が懸念されている。コロナ後の景気動向としては、サプライチェーンの寸断による供給不足からインフレが懸念される一方で、引き続き消費者心理が冷え込むことで、需要不足によるデフレを懸念する声も上がっている。最近では、このような状況下での投資対象として、ゴールドへの注目が高まっている。ゴールドはインフレに強い資産として知られているが、実はデフレ時にも良好なパフォーマンスを発揮することがある。そこでこの記事では、過去のゴールド価格の推移を振り返り、デフレ期にもゴールドが魅力的な資産クラスになる理由を考察する。ゴールドの価格動向の分析は、「デジタル・ゴールド」とも呼ばれるビットコインの今後を占う上でも参考になるだろう。【目次】ゴールドの二面性:「商品」と「通貨」TEDスプレッドとゴールド低金利環境とゴールドビットコインはデフレでも有望か?まとめゴールドの二面性:「商品」と「通貨」ゴールドの特徴の一つが、「商品」としての機能を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました