史上最大の仮想通貨出資金詐欺プラストークンの首謀者、中国で刑事責任問われる

リップル
 仮想通貨史上最大の出資金詐欺と言われるプラストークンの首謀者が中国で刑事責任を問われている。地元メディアによると、プラストークンの首謀者の一人であるZhou Moumouは、江蘇省塩城市の裁判所で、ウィーチャットなどを通じてプラストークンのウォレットアプリを積極的に宣伝してネットワークビジネス(MLM)の組織化を進め、約193万人のメンバーを騙したことなどの罪に問われた。仮想通貨マイニングと嘘つくプラストークンのウォレットは、仮想通貨資産のマネジメントアプリを装っていたが、実際には犯罪者たちが高いリターンを約束して新たなメンバーを勧誘するために使われていたという。地元警察によると、プラストークン詐欺に関する報告は昨年時点で受けていた。「仮想通貨を使ったサービスを提供するという名目で、プラストークンは仮想通貨マイニングの機能があると嘘をつき、メンバーに対して高いリターンを得るためにビットコインやイーサリアム、EOSなどの仮想通貨を一定額支払うように要求した」プラストークン詐欺は去年の8月ごろからメディアに報じられ始めた。ビットコイン下げ材料説もブロックチェーン分析企業のチェイナリシスは

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました