金融ベンチャーFintertechの暗号資産担保ローンは新しい投資戦略を生み出すのか?

2020年4月に金融ベンチャーであるFintertech(フィンターテック)が、暗号資産担保ローンのサービスを開始しました。フィンターテックは大手金融機関である大和証券とクレジットカードやローン商品を数多く取り扱うクレディセゾンが出資するジョイントべンチャーです。大和証券グループ子会社が暗号資産担保ローンのサービスを公開暗号資産担保ローンはその名の通りに、ビットコインなど暗号資産を担保にして借り入れを行えるサービスです。これまで不動産や証券を担保に借り入れを行えることは一般的でしたが、暗号資産を担保にするサービスは日本国内では存在しませんでした。市場で取引が活発で価値があるとされているのに、担保差し入れ資産として認められていませんでした。国外では、このようなサービスはNEXOやBlockfiなど複数存在し、いずれも高い需要があることが報告されています。暗号資産を担保に法定通貨を借り入れする需要は主には以下の3つでしょう。借りた法定通貨でさらに暗号資産を購入する(レバレッジ)借りた法定通貨を事業や生活に使う(単純な借り入れ需要)暗号資産を売却しないで日本円を調達し、キャピタルゲイン税(日

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました