Bakkt、仮想通貨カストディビジネスを拡大 顧客に70越えの機関投資家

Bakktが事業の最新情報を公開インターコンチネンタル取引所(ICE)の仮想通貨(暗号資産)子会社Bakktが、機関投資家向けカストディビジネスの顧客を70超まで増加させていることが分かった。Bakktのトップは18日にブログを更新し、仮想通貨事業の取り組みについて最新情報を伝えた。昨年11月、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の認可を取得し、機関投資家を対象にしたカストディサービスの提供を発表したBakktは、着実に顧客を増やしている模様だ。関連:Bakkt、全機関投資家向けの独自仮想通貨カストディサービスを開始また、カストディサービスの顧客に5億ドル(約537億円)超の保険を提供するため、保険仲介企業Marshと提携したことも発表。Bakktのカストディサービスでは、すでに1億2500万ドル(約134億円)の保険を利用できるようになっていたが、増額によってサービスが拡充していることが分かった。さらにGeminiやコインベース、BitGoなどの仮想通貨企業に続いて、会計事務所が実施する「SOC 1 Type Iと「SOC 2 Type II」のテストを終えたことを明かした。S

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました