リブラは世界を脅かすは「大げさだ」──FRBエコノミスト

グローバルステーブルコインは世界を脅かすものだとする考えは大げさだ。デジタル通貨「リブラ」は当初の計画では、複数の法定通貨バスケットに裏付けられたステーブルコインだったが、アメリカの議員はそれがもたらすマイナス面ばかりに目を向けていただろう。FRB(連邦準備制度理事会)の2人のエコノミストは、6月22日に公開されたレポートの中で述べている。エコノミストは、リブラを仮定のシナリオでシミュレーションし、経済に与える影響と普及の可能性を分析している。昨年6月にリブラのホワイトペーパーが公開されると、評論家たちは、リブラは法定通貨を不安定なものにし、取って代わる可能性さえあると批判してきた。アメリカの一部の議員はプロジェクトの凍結を求め、オーストラリアの中央銀行は使用する者はいないと述べた。フランスの財務大臣は法定通貨の役割がき損する恐れがあるとして、リブラプロジェクトを阻止するとコメントした。FRBのエコノミストは、これまで伝えられてきたリブラがもたらす脅威というものはそれ程でもないとする内容を、レポートの中で述べる。「我々のシミュレーションでは、バスケットがそれを構成する通貨のいずれかより

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました