中国、世界規模のブロックチェーンネットワーク構築にまた一歩前進

要点■中国が開発を進める「ブロックチェーン・サービス・ネットワーク(Blockchain Service Network=BSN)」では、6つのパブリックブロックチェーン──テゾス(Tezos)、ネオ(NEO)、ネルボス(Nervos)、イオス(EOS)、IRISnet、イーサリアム(Ethereum)──が利用可能になる。■これら6つのブロックチェーンの開発者は8月10日以降、BSNの中国国外のデータセンターでデータストレージやネットワークを使ったアプリケーション(Dapp)の開発やノード運用が可能になる。■これは、世界中のブロックチェーン企業のための「唯一のインフラプロバイダー」を目指す中国の計画の一環。■世界中のユーザーは、中国のエンタープライズブロックチェーンと金融データへのアクセスが可能になる。「唯一のインフラプロバイダー」を目指す中国中国が開発を進めるBSNは8月10日、世界中の分散型アプリケーション(Dapp)開発者を対象にするサービスを開始する。この取り組みは、5GやAI(人工知能)といった最新テクノロジーにおける中国の積極的な国際展開に似ているもので、世界中のブロック

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました