マルタ、「ブロックチェーンの島」を脱却して「デジタルの島」へ

リップル
 マルタ政府がかつて有名だった同国のブロックチェーン計画からの脱却を続けている。そして、マルタはデジタル経済発展のためのより包括的なアプローチを取ろうとしている。マルタの経済的ポートフォリオの多様化と強化を任務とした諮問機関であるデジタル・エコノミー・シンク・タンクの会長を務めるキーロン・ブルーノ氏は、コインテレグラフが先日行ったインタビューにて次のように述べた。「私たちはブロックチェーンの島であることから離れ、デジタルの島になろうとしている。何故なら私たちはあらゆる側面やテクノロジーの構成要素を含んでいるこの包括的なビジョンにこそより信頼を置いているからだ」ブルーノ氏によれば、現在のマルタは同国のデジタル経済戦略のための「包括的なビジョン」を支持しているという。20年の6月に設立されたデジタル・エコノミー・シンク・タンクには、ゲーム、金融、情報産業やその他の業界を代表する人物たちが参加している。18年の9月には、マルタの当時首相だったジョゼフ・ムスカット氏が国連総会にて自国を「ブロックチェーンの島」として紹介していた。コインテレグラフはマルタの発言に注目してきたが、同国がブロックチェ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました