トークンセールスのブーム、仮想通貨の強気相場が既に始まったことを示唆=アナリスト

リップル
 ここ数か月、仮想通貨市場に新たな資金が殺到している。トークンセールには募集枠を超える応募があり、カルダノ(ADA)やチェインリンク(LINK)、ヴィチェーン(VET)といった通貨の価格は100パーセント以上上昇している。これは新たな強気市場の到来を告げるものなのか、それとも単に、いずれはじける運命のバブルなのだろうか? 仮想通貨調査会社「Blockfyre」の共同創業者サイモン・デェディッチ氏が7月24日に投稿したツイッターによると、その両方の要素が少しずつ含まれているという。強気派が戻ってきたか仮想通貨の現在の状況は、多くの面で17年のICOブームを思い起こさせる。新たなプロジェクトが大量に現れ、トークンは販売から数時間で完売している。特に分散型金融の領域で顕著だ。定着しているプロジェクトや、少なくともそれらのうちで最も強力なものはトークンの価値が3桁増となり、チェインリンクは仮想通貨界の「テスラ」と呼ばれるに至っている。テスラと言えば、同社を率いるイーロン・マスク氏だが、マスク氏はツイッターでドージコイン(DOGE)を売り込んでいる。それと歩調を合わせているのがソーシャルメディア

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました