分散型アプリでSIMスワッピングの問題を解決へ、NEMがソリューション構築

リップル
 SIMスワッピング攻撃を通して盗まれた金額は、米国だけで2018年以降、5500万ドル以上に上る。ブロックチェーンをベースとするエコシステムのNEM(ネム)は、分散型アプリがこの問題に対し有意義なソリューションを提供する可能性があると確信している。NEMによれば、彼らは「FIXネットワーク」と呼ばれるソリューションと協力している。このソリューションは、モバイルサブスクライバーのSIMカード上の秘密鍵とトランザクションの安全確保を支援するために構築された。このネットワークはブロックチェーンベースのプロトコルを利用して、モバイルサブスクライバーのセキュリティとプライバシーを支援すると、NEMは説明する。「このユニークなアーキテクチャにより、モバイル運営者はデジタル身元管理や仮想通貨ウォレット、個人情報ファイアウォールなどのサービスを提供できるようになる。それらは全て、サブスクライバーのSIMカード上で秘密鍵を保管することにより実現される」マスでの採用を目指して機能の1つであるFIX IDは、サブスクライバーが所有する全世界で有効な電話番号を通して参加者を特定することで、不正行為を防ぐこと

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました