日本銀行、中央銀行デジタル通貨の検討を一段と加速か | 新人事に注目集まる

リップル
 日本銀行は7月31日、神山一成調査統計局長を決済機構局長に充てる人事を発表した。決済機構局内には、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究グループが既に新設されている。ロイターの報道によれば、神山氏の決済機構局長の就任で、デジタル通貨の検討が一段と加速する可能性があるという。神山氏は以前、ビックデータを使用したリアルタイムでの計量経済分析を行う銀行の取り組みを主導していきた。ロイターによれば、これは今年はじめに日本経済が新型コロナウィルスの流行に見舞われたときに役立つことが判明したという。研究ペースを速める日本銀行はCBDCを発行する当面の計画はないという立場を維持しているにもかかわらず、この最新の動きは日本の中央銀行が現在の研究をいかに真剣に受け止めているかを示すものだろう。日本銀行は7月20日、決済機構局内にデジタル通貨グループを新設したと発表した。今回のデジタル通貨グループは、日銀が今年2月に設立したデジタル通貨の研究チームを改組。グループは10人規模と、これまでと変わらないが、グループ長は奥野聡雄決済機構局審議役が務めるなど、専任者を配置した。CBDCを巡っては、17日に閣議決

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました