「Defiのユーザーベースはさらなる分散化の必要あり」、コンセンシスの元幹部

リップル
 「DeFi-ing expectations: the future of Ethereum」(期待値をDeFiする:イーサリアムの未来)と題されたクラーケン主催のウェビナーにおいて、分散型金融の隆盛やその決定的な特徴、成功の測定方法についてパネリストが議論を繰り広げた。ウェビナーは7月31日に開催され、EthHub.io共同創業者のアンソニー・サッサノ氏やMythos Capitalの創業者ライアン・シーン・アダムス氏、Darma Capitalのマネージング・パートナーにしてコンセンシス(ConsenSys)の元役員であるアンドリュー・キーズ氏、そしてイーサリアムの初期の投資家でイーサリアム財団元顧問のウィリアム・ムガヤル氏など、著名なDeFiインフルエンサーが顔を揃えた。クラーケンのエディター・アット・ラージであるピート・リッツォ氏がパネルの司会を務め、DeFiムーブメントの性格について、幾分挑発的な質問を多く投げかけた。指標とユーザーベースの分散化ある質問の中でTotal Value Locked(TVL)指標への言及があり、リッツォ氏がTVLが重要である理由や有用性について

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました