リップル社、市場から仮想通貨XRPを買い戻す方針示す:Q2最新報告書

リップル
RippleのQ2レポートリップルは8月4日、2020年Q2(4〜6月)のXRPマーケット報告書を公開。Q2におけるXRPのプログラムセール(取引所等への販売)や直接取引(機関投資家等への直接販売)など、仮想通貨XRP関連の情報を開示した。XRP販売についてまず、Q2におけるXRPのプログラム販売数はQ1に続き、再び『0』を表示した。リップル社は19Q3から約1年に渡ってプログラム販売を停止している。Q2のXRP販売額は、『機関投資家等への直接取引(OTC)』のみで、計3255万ドル(34億円)。Q2のXRP合計販売金額は、前四半期比で1,760%増。2019年Q4のOTC販売では1308万ドル、2020年Q1は175万ドルに留まったことから、再び増加傾向が見られた。Q2にもOTCにおけるXRPの販売のみにフォーカスした。一部の販売はRippleNetのODL顧客に高まるXRPの流動性を提供するためだった。ーQ2レポート出典:Ripple下図はTheBlockが集計した2016年から現在までのXRP販売額を示すグラフ。今年Q1の販売額はこれまで最小だった。出典:TheBlockRipp

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました