仮想通貨XRP売却額が19倍増加 リップルの2020年Q2レポート

リップル
 リップル社は8月3日、2020年第2四半期(4-6月期)の決算レポートを発表し、仮想通貨XRPの売却額が前期比で19倍近く増加したことを明かした。決算レポートによると、リップル社は今年第2四半期にXRP3255万ドル(約34億1770万円)を売却。今年第1四半期の175万ドル(約1億8000万円)と比べて18.6倍増加した。内訳は機関投資家への直接売却が175万ドル、プログラム売却が0だった。リップル社はXRP売却について、XRP利用義務がある決済サービスODLに対して流動性を供給するためと指摘している。XRPは、過去7日間で40%以上、過去24時間で8.5%近く上昇している。リップル社は、ODLの普及状況についても言及。2020年第2四半期でODLはリップルネット取引高の20%近くを占めた。2019年前半と2020年前半を比較した場合、ODLの取引ボリュームは11倍に増えた。参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/ripples-xrp-market-report-in-he-second-quarter-2020 ●セミナー日程http://

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました