日本STO協会の正会員に三菱UFJ信託|フォビジャパンやFXcoin、NECが賛助会員に

リップル
 社団法人日本STO協会は3日、正会員として三菱UFJ信託銀行が入会したと発表した。また、同時に賛助会員として11社が入会した。賛助会員となった11社はN.Avenue (コインデスクジャパン運営)やFXcoin、フィスコ仮想通貨取引所、フォビジャパンなど仮想通貨取引所3社の他に、NECや野村総合研究所、ブロックチェーン開発のハッシュポート、DXコンサルのプロジェクトカンパニー、三浦法律事務所、みずほ信託銀行、ワイジェイFX株式会社。今回の加盟で正会員は11社、賛助会員は34社となっている。日本STO協会は昨年10月にSBI証券、カブドットコム証券、大和証券、野村証券、マネックス証券、楽天証券が参画して発足した。日本STO協会は今年4月30日、金融商品取引業協会に認定された、セキュリティトークンオファリング(STO)の自主規制団体。正会員と賛助会員の違いとしては、賛助会員は正会員が持つ議決権を持たないといった違いがある。参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/mitsubishiufj-trust-joined-jstoa ●セミナー日程http:

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました