ロシア最大の銀行スベルバンク 独自ステーブルコイン検討

リップル
 ロシア国営銀行で最大の銀行の1つ、スベルバンク(Sberbank)が独自のステーブルコイン発行を検討している。ロシア地元紙が滑るバンクの幹部の話として8月4日に報じた。スベルバンクの決済ビジネスディレクターであるセルゲイ・ポポブ氏は、スベルバンクがロシアのルーブルと1対1で連動するステーブルコイン の発行を検討していることを明かした。デジタル金融資産に関する決済への使用が見込まれるという。ポポブ氏によると、ロシア議会が先月末に可決した「デジタル金融資産(DFA)」法に遵守する形でステーブルコインを発行することが技術的に可能だという。「最近可決された法律に遵守する形でステーブルコインを発行することが可能かもしれない。ルーブルに連動させる形で、このトークンはデジタル金融資産を含む決済手段として基礎的な役割を果たすかもしれない」ロシアのプーチン大統領は、7月31日にDFAに署名。この法律ではビットコインアド仮想通貨の支払い手段としての使用が禁止されている。施工日は2021年1月1日だ。スベルバンクと仮想通貨スベルバンクは今年5月、4917のATMに「ブロックチェーン操作」をサポートできる組

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました