ビットコイン価格、「強気相場の初期段階にある」 =仮想通貨アナリストらは上昇に自信

リップル
 仮想通貨(暗号資産)のビットコイン(BTC)の値動きについて、かつて過去最高値である2万ドルを付けた際と類似した動きになっているとの指摘が出ている。仮想通貨アナリストのウィリー・ウー氏が、今週のビットコインの価格上昇について光を当て、この見方を主張している。ビットコイン「強気相場の初期段階にある」ウー氏は一連のツイートの中で、ビットコイン開発者のジミー・ソン氏の議論について触れ、「強気相場は2019年4月に始まった」と主張している。「最近始まったのは、初期の強気フェーズだ。2016年Q4が再び始まった。しかしそのダイナミクスやテーマは異なる形だ」と、ウー氏はツイートしている。BTCは直近で1万2000ドルを上回り、その後反落したものの、1万1500ドルのサポートを維持することに成功している。このチャートの値動きを見て、多くのアナリストが楽観的な見通しを示している。1万2000ドルを上回ることはできなかったが、ビットコインは強気を維持しており、センチメントや技術ファンダメンタルズに基づく証拠がそれを示唆している。ウー氏によれば、市場の構成は、今年と2016年の間では成熟度に大きな違いが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました