「仮想通貨ビットコインは過小評価されている」14000ドル到達も=ブルームバーグ

リップル
 ブルームバーグは4日に発表した8月の仮想通貨(暗号資産)レポートの中で、ビットコイン(BTC)価格は金(ゴールド)1オンスに対して、6倍の価格推移で安定していると指摘した。金とビットコインの相関関係が高まっており、ビットコインがデジタルゴールドとして機能していることを強調した。(出典:トレーディング・エコノミクス「ビットコイン(オレンジ)と金(青)の価格チャート」)ビットコインは14000ドルにブルームバーグはこれまでにも、ビットコインはデジタルゴールドとなる寸前だと主張している。ビットコインの供給量が限られていることや、成長率が低いことなどからビットコインが金と本質的に類似した性質を持っていることを理由としている。ブルームバーグはこうした性質だけでなく、両資産の間で価格の相関関係があることを指摘した。「金1オンスあたりの約6倍で安定して推移している。ビットコインの相関性が高まり、貴金属と比較してボラティリティが低下していることは、価格が上昇するための持続的な関係を示していると考えられる。世界中の中央銀行の量的緩和は準通貨にとって追い風となり続ける」現時点では、なぜ金とビッ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました