DeFiブームは依然続く、DeFiトークンのSerumが上場後12時間で1500%急騰

リップル
 分散型デリバティブ取引所Serumによる分散型金融(DeFi)トークンは、ローンチと取引所への上場によって4桁台の急騰を見せた。Serumプロジェクトは、8月11日に開始された新しいノン・カストディアルDEX(分散型取引所)であり、そのネイティブトークンの「SRMトークン」は1500%の上昇となっている。Serumプロジェクトは、デリバティブ取引プラットフォームFTXと、スマートコントラクトブロックチェーンのSolanaのコラボレーションだ。この記事の執筆時点で12時間以内にローンチされたSRMトークンは、tradingview.comによると、ローンチ価格の0.11ドルから1.80ドルまで急騰している。さらにバイナンスでの上場により、SRMトークンは4つのペアで取引可能となったこともあり、トークンの価格が上昇した。Coingeckoのデータによると、SRMの取引量は最初の12時間で既に3億5000万ドルを超えている。このトークンの時価総額は現在3億ドルとなっている。バイナンスに加えて、SRMは現在、Uniswap、BitMax、HBTC、Balancer、TomoDEX、1Inch

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました