仮想通貨ビットコイン、17年12月以降にドルコスト平均法活用なら61.8%のリターン

リップル
 コインメトリックス(Coin Metrics)のリサーチャーは、2017年にビットコイン(BTC)が2万ドルのピークをつけて以来、ドルコスト平均法で投資した投資家が利益を生んでいることを発見した。コインメトリックスによると、過去3年間にBTCを継続的に購入した投資家は、61.8%の収益率を達成している。ビットコイン価格は2万ドル更新後に大幅に下落したが、この下降トレンドを利用した投資家は現在、利益を得ていることになる。コインメトリックスは次のように述べている。「ビットコインは依然として最高値を30%下回って取引されているが、2017年12月のピークからドルコスト平均法を使っていれば、61.8%のリターン、年間では20.1%のリターンをもたらしている。同様に、イーサリアム(ピークから71%下落)の場合、2018年1月からのドルコスト平均法では87.6%のリターン、年間では27.9%のリターンとなる」出典: Coin Metrics ドルコスト平均法によるリターンのグラフビットコインの回復力ビットコインの黎明期には、有名な投資家や金融機関は、その存続可能性を疑っていた。一部の企

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました