仮想通貨のトランザクション量増加率で日本が世界6位に

リップル
仮想通貨の取引サービスを提供しているブロックチェーンドットコム(Blockchain.com)が8月6日、「すべての金融危機の偉大な母(The Great Mother of All Financial Crises)」という仮想通貨の8月市場に関するレポートを発表した。日本の7月のトランザクションは9.8%増加今回のレポートでは、国や地域別による仮想通貨の6月と7月のトランザクション割合の変化率について発表している。この変化率で日本は9.8%増で世界6位となった。なお世界1位はペルー(18.3%)、2位インド(17.4%)、3位インドネシア(12.6%)、4位コートジボアール(11.7%)、5位ナイジェリア(10.7%)となった。5位のナイジェリアは、この10カ月で最高のパフォーマンスを誇っている。検索エンジンであるグーグル(Google)の検索データによるとナイジェリアでは今年の3月ごろから、「Bitcoin」というキーワードでの検索数が増加するなご、仮想通貨への関心が高まっていることがうかがえる。逆にトランザクション変化率でマイナスとなった国や地域は、1位韓国(-27%)、2位デ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました