LINEの独自仮想通貨「LINK」が取扱開始、今後の分散型アプリ開発やLINK使用はどうなるか?

リップル
 LINEの仮想通貨(暗号資産)取引所のBITMAXで今月6日にLINE独自の仮想通貨「LINK(LN)」が取引可能となった。6日の取扱開始に合わせ、LINEはブロックチェーン事業「LINE Blockchain」の公式サイトを公開。併せてLINE Blockchainのホワイトペーパーも公開している。今回、8月6日に公開された新しいサイトとホワイトペーパーでは、独自ブロックチェーンの名前が「LINEブロックチェーン」に変わった(以前はLINKチェーンという名称だった)。これにより、LINEのブロックチェーン事業がより明確になったとも言えるだろう。もともとLINKとそのブロックチェーンは2018年8月に発表されたものだ。LINEのサービスの中にトークンエコノミーを統合させようとする「LINEトークンエコノミー」構想だ。つまり、ユーザーがブロックチェーン上の分散型アプリ(Dapps)のサービスを利用し、そのサービス上での行動や貢献に応じて報酬を得る形にするものだ。LINKは現在、取引所で購入する形となっているが、将来的にはLINEブロックチェーン上のDappsを通じて、LINKをインセン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました