中国のブロックチェーンネットワークBSNが英語版ウェブサイトをローンチ|パートナーにGoogleやAWS

リップル
 中国政府主導のブロックチェーン・プロジェクトであるブロックチェーン・サービス・ネットワーク(BSN)の公式ウェブサイトが10日、英語表記に対応した国際版を立ち上げた。英語でもプロジェクトの概要を周知することで、世界中の開発者の参加を呼びかける。6つのパーミッションレス・ブロックチェーンとの統合中国の民間企業でBSNの創設メンバーであるRed Dateテクノロジーのへ・イファンCEOはコインテレグラフに対し、新ウェブサイトでは開発者がポータルを通じてBSNのサービスやパブリックチェーンのサービスが利用できるようになると強調した。グローバル向けの新たな取り組みとして、BSNはイーサリアムやEOS、Nervos、テゾス、NEO、IRISnetの6つのパブリックチェーンを統合。これにより、開発者は分散型アプリケーション(DApps)を構築し、海外のBSNデータセンターのデータストレージと帯域を介してノードを実行できる。BSNの主要パートナーにGoogleとAWSウェブサイトによると、BSNプロジェクトではIRITAのインターチェーンサービス・ハブと分散型ネットワークであるチェインリンクを介し

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました