チャールズホスキンソン、イーサリアムクラシックを救済すると主張

リップル
 イーサリアムクラシックは、2年足らずで2回目の攻撃が51%でした。7月31日から2日間にわたって行われた最新のハッキングでは、ハッカーが推定560万ドルを獲得しました。それ以来、IOHKのCEOであるチャールズホスキンソンを含む多くの人々がイーサリアムクラシックチームに連絡を取りました。ホスキンソンは、プロジェクトの将来の方向性との不一致を理由に、2014年にイーサリアムを去りました。ホスキンソンは、ベンチャーキャピタルを受け入れ、より正式な統治構造を持つ営利団体を設立したいと考えていました。ブテリンは、イーサリアムをオープンソースで分散型のガバナンスを持つ非営利組織にしたいと考えていました。」しかし、それにもかかわらず、ホスキンソンは助けたいという彼の願望を表明しました。ある出版物によると、ETC Labsの経営陣は内部で問題を処理したいと考えています。それでも、Hoskinsonと他の利害関係者は、ETCチームと会ってプロジェクトを前進させるための戦略について話し合う予定です。出典:twitter.comホスキンソン氏はイーサリアムクラシックを「救済」するつもりはないと述べている

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました