バイナス(Binance)が2020年第二四半期のバーン発表、BNBのファンダメンタルズは?

リップル
バイナンス(Binance)が、2020年第2四半期のBNBトークンバーンが6,000万ドル(約64億円)で過去最高を更新したことを発表しました。BNBは取引手数料の割引などに利用できるほか、毎四半期の同社の売上の20%を換算したBNBがバーンされるデフレーションの特徴を持ちます。約64億円のBNBバーンを発表つまり同社の収益性は伸び続けています。現物取引の出来高は横ばいですが、先物の出来高が倍増しています。BNBの価格自体は1年前と比較して下落しているため、BNB建てのバーン量が大きくなっている格好です。BNBのファンダメンタルズは?7月のバイナンスは現物市場の取引高において2位のOKExに3倍の差をつけて圧倒的な1位、先物市場は1位のHuobiの80%程度を実現しています。特にバイナンスの先物市場での存在感がこの数か月で高まっていることは特筆に値し、長い期間にわたり先物市場の王者であったビットメックス(BitMEX)を大きく上回る存在になりました。BNBは直近30日で30%程度の上昇を見せていますが、このような取引所ビジネスの好調な背景がありながらも、大きい過熱感はありません。また

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました