ビットコイン(BTC)など仮想通貨に望ましい米大統領候補はどっち?

リップル
米国の11月の大統領選挙は、ドナルド・トランプ(共和党)とジョー・バイデン(民主党)両氏の間で一段と激しい戦いが予測されます。暗号資産(仮想通貨)は選挙戦の主たる論争にはなってはいないものの、テクノロジーに関わる両候補者のスタンス次第では4年後の仮想通貨の立ち位置を大きく変えることになります。「仮想通貨のファンではない」から1年、沈黙のトランプ氏トランプ氏が特に仮想通貨の支持者ではなく、むしろ反対の立場を鮮明にしたのは約1年前でした。同氏は2019年7月12日のツイッター上で、「私はビットコイン(BTC)とその他仮想通貨のファンではない。それはお金とは言えず、値動きも大きく、根拠と言えば薄い空気のようなものだ。規制されていない暗号資産は、麻薬取引やその他不正な活動を含む違法な行動に利用される」と厳しく批判しました。仮想通貨の税務処理ソフトウエア「ゼンレジャー(Zenledger)」によると、トランプ氏はさらに、シークレットサービスに対して仮想通貨に関わる刑法上の処理を始めるよう命じたとされます。その意味するところは、トランプ氏は仮想通貨には国家安全保障上の問題があると見ているということ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました