「山芋農業は終わり」|分散型金融のヤム(YAM)トークン価格が一気に価値が0に、COMPなどに波及も

リップル
 分散型金融(DeFi)プロトコルのヤム・ファイナンス(YAM Finance)は13日、時価総額が数分のうちにゼロまで暴落した。この影響でコンパウンド(Compound)、ヤーン・ファイナンス(Yearn Finance)、バランサー(Balancer)などの主要なDeFiトークンの価格も急落した。(出典:コインマーケットキャップ「YAM/USDの価格パフォーマンス」)DeFiプロトコルの中で、市場で2番目に時価総額が大きいコンパウンドは時価総額が1億ドル(約106億円)の下落。ここ数週間で勢いのあったヤーンとバランサーは7%から13%下落した。(出典:トレーディングビュー「コンパウンドの価格チャート」)YAMは、ユーザーが様々なDeFiトークンをステークしながら、引き換えにYAMトークンを獲得できるイールドファーミングプロトコル.YAMプロトコルは、11日のリリース直後にヤーン・ファイナンスに続く純粋な分散型プロジェクトとして注目を集めた。YAMの保有者がプロトコルを管理し、分散型のガバナンスモデルを展開することを可能にしたからだ。しかし8月13日にYAMの共同創業者であるブロック

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました