イーサリアムに流入するビットコイン──約340億円が分散型金融市場へ

リップル
ビットコインのスポット取引は8月13日、鈍い動きを見せるが、ビットコインの保有者は同暗号資産を分散型金融市場に注ぎ込む動きを強めている。13日20時(協定世界時=日本時間14日5時)時点で、ビットコインは1万1543ドル付近で取引され、過去24時間で0.50%下落した。10日移動平均線と50日移動平均線をわずかに上回っており、テクニカル分析では強気から横ばいのサインとなっている。コインベース(Coinbase)でのビットコイン価格推移(8月11日〜)出典 : TradingViewオプション市場の動き一方のオプション市場では、ビットコイン価格が長期的に変動すると見通すトレーダーが目立っていると、オンライン銀行「スイスクオート(Swissquote)」のデジタル資産責任者クリス・トーマス(Chris Thomas)氏は述べる。「インプライドボラティリティ(オプション価格から将来の価格変動を予想した指標)は上昇に転じているがが、さほどでもない。トレーダーは次の大きな動きを期待しており、ロングボラティリティ戦略を好む傾向にある」ビットコインのインプライドボラティリティ出典 :&nb

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました