プルデンシャル元CEO、仮想通貨ビットコインに改宗を宣言 9月労働者の日に注目

リップル
 生命保険大手プルデンシャルの元CEOであるジョージ・ボール氏が、米国の9月の労働者の日以降で仮想通貨ビットコイン(BTC)の買いが増えるだろうと予想した。8月14日のロイター通信のインタビューに答えたボール氏は、以前はビットコイン 反対派であったが考えを改めたことを認めた。「以前に明かしたことはないが、私はいつもブロックチェーンとビットコインに反対していた」と話した上で、次のように続けた。「しかし現状を見てみると、政府はマーケットを永遠に刺激し続けられない。流動性の洪水は政府が景気刺激策への代償を払い始めるときに終わるだろう。財政赤字の一部、よく考えられたとてもスマートな補助金の一部を支払う時にね。それほどまで高く税金を挙げられるだろうか?もっとマネーをプリントするだろうか?」同氏は、米財務省が設計したインフレ連動債(TIPS)が崩壊するかもしれないと指摘し、富裕層はおそらくビットコインか何かを必需品として頼ることになるだろうと予想した。ビットコイン投資のきっかけは労働者の日?米国で今年9月7日は労働者の日(レイバー・デー)だ。ボール氏は「労働者の日の後」にビットコインや他の仮想通貨

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました