インド、ビットコイン取引が増加──一部の取引所は史上最高を記録

リップル
インドの最高裁判所が3月に、暗号資産(仮想通貨)取引所に対する銀行規制を解除して以来、同国における暗号資産の取引量が急増している。データサイト「コインダンス(Coin Dance)」でP2P(ピアツーピア)取引所のPaxfulとLocalBitcoinsのデータによると、同国のビットコインの取引高(P2Pベース)は7月に史上最高となった。ビットコインの需要の拡大は、2016年の高額紙幣廃止に対する国民の反応が関係していると、インド・バンガロール市にあるテック系スタートアップ、マーリン(Marlin)のシッダールタ・ダッタ(Siddhartha Dutta)CEOは話す。高額紙幣廃止でビットコインに飛びつく政府の命令によって古い紙幣は突然価値を失った。ビットコインの価値は政府の気まぐれな政策ではなく、市場原理に基づくというアイデアはとりわけ魅力的に映ったかもしれない。インドの暗号資産取引所Zebpayでのビットコイン価格は、2016年の高額紙幣廃止後の18日間で757ドルから1020ドルに急騰した。一方、アメリカでのビットコイン価格は同時期、大きく動くことはなかった。一部のインド人投資家

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました