ビットコインに裏付けられた暗号資産、新規発行量でビットコインを上回る

リップル
イーサリアムブロックチェーンで発行されるビットコインに裏付けられた暗号資産「Wrapped Bitcoin(WBTC)」が、新規発行量でビットコインを上回った。アメリカの暗号資産業界で拡大を続ける分散型金融サービス(DeFi)が影響している。DeFi(分散型金融)とは:ブロックチェーン上に構築された金融サービス。暗号資産を預け入れて金利を稼いだり、複数のトークンの価格差から利ザヤを稼ぐことができる。Dune AnalyticsとCoin Metricsのデータによると、8月9日〜14日の6日間に発行されたビットコインは5738。一方、同じ期間に発行されたWBTCは6785だった。1ブロックあたり6.25ビットコインの発行レートと、10分というブロックの生成目標時間を考えると、1日当たり900ビットコイン(BTC)が新たに発行されている。新たに発行されたビットコインよりも多くのビットコインが、イーサリアムブロックチェーンに流入したことになる。8月9日〜14日のWBTCとBTCの発行量出典 : Dune Analytics, Coin MetricsDune Analyticsの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました