上昇トレンド再開の可能性は? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコイン

リップル
 BTC/USDビットコイン(BTC)が強い上昇トレンドにあることを考えると、トレーダーは20日間移動平均線(11,570ドル)への下落で一貫して押し目買いを行っている。強気派はBTC価格がここのレベルから下がらないと考え、上昇が再開するとみているようだ。出典: TradingViewしかし、8月20日の20日間EMAからのビットコインの弱い反発は、強気派が上昇トレンド再開に自信がないことを示唆しているため、このサポートで積極的に買いを入れていない。相対力指数(RSI)のネガティブダイバージェンスは、勢いが弱まっていることを示唆している。20日間EMAを下回った状態が続いた場合、トレーダーはBTCがより低いレベルでサポートを見つけるのを待ってから購入する可能性がある。20日間EMAを下回ると、11,100~10,900ドルのサポートゾーンまで下落する懸念がある。逆に、BTCが20日間EMAから反発した場合、強気派はBTCが12,113.50~12,460ドルのレジスタンスゾーンまで押し上げようとするだろう。これに成功した場合、上昇トレンドが再開する可能性がある。ETH/USD

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました