ビットコインクジラの動向分析、昨年最高値14000ドルがキーポイントに

リップル
クジラの動向、14,000ドル付近が鍵になるかビットコイン価格分析を提供する海外のアナリストDavid Puellが、大口投資家「クジラ」の動向について分析。14,000ドル(約149万円)が重要なポイントになると示唆した。同価格帯は、19年6月に記録したビットコインバブル崩壊後の最高値であり、今現在の上値抵抗線として機能している。BTC過去4年間のサイクルPuellによると、概してビットコインが9,000ドルから12,000ドルの間にあるときに、大口投資家を示す”クジラ”が購入。9,000ドルで購入したクジラはすでに高い利益を得ており、12,000ドル付近で遅れて購入したクジラは損益分岐点の最中にある。テクニカル指標そのため、大口の売却行動はボラティリティの急変動が生じやすく、9,000ドルから10,000のエリアをサポートラインとレジスタンスラインが逆転しやすいポイントとみる。Puellの観測によれば、売買されず保有されているビットコインの数を見る限り、2頭のクジラ間で闘争が起きている。12,000〜14,000ドルで損益分岐点に到達したクジラと、1年以上ぶりの高値更新後の現在購入

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました