進化する仮想通貨のDeFi(分散型金融)市場、総時価総額150億ドル規模へ

リップル
DeFi時価総額急増DeFi(分散型金融)の急成長が止まらない。指標サイトCoin Geckoによると、9日は110億ドル、12日は130億ドルであったDeFi銘柄の全体時価総額が、16日には150億ドルを超えた。時価総額急上昇の要因の一つとして、今や時価総額第5位の銘柄でありDeFiの時価総額の49.2%を占めるChainlink(LINK)の成長がある。Chainlinkはブロックチェーン外の通貨の価格などのデータを分散型でブロックチェーン内に伝える「分散型オラクル」を提供しており、多くのDeFiプラットフォームが利用するようになったことが背景にある。先週末は24時間で13%値上がりを記録した。LINKの最近一週間の値動き 引用:CoinMarketCapTVLも増加また、DeFiを語る上で欠かせない指標の一つであるTVL(Total value locked)も上昇を続けている。DeFiの時価総額は各DeFi関連トークンの発行量に価格を乗じたものの合計だが、TVLはDeFiスマートコントラクトにロックアップされている仮想通貨の量を示したものだ。14日には50億ドルほどだったが、1

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました