インフレのヘッジとして買われるビットコインとゴールド、リスクシナリオは?

リップル
コロナウイルスが経済に与える打撃から株価を支えるため各国政府は大規模な金融緩和を始めて久しいです。インフレーションに対するヘッジ資産として、ビットコイン(BTC)やゴールドは強気相場が続いています。インフレのヘッジとしてビットコイン(BTC)とゴールドが買われる各国のソブリンファンドやヘッジファンドはゴールドの組入を強化しており、それにつられてビットコインも買われています。また、一般企業の動きでは、ナスダック上場企業であるマイクロストラテジー(MicroStrategy)が、ドルのインフレーションに対するヘッジとしてビットコインとゴールドに小さくないアロケーションを向けることを決算説明会で投資家に対して説明しました。特筆すべきはこの会社はヘッジファンドでもなく、普通のエンタープライズソフトウェア会社であり、その運転資金の取扱で米ドルで預金していると損であるからこのような動きをすると発表している点です。つまるところ、米国ドルの信用は急速に失っており、その資金がゴールドとビットコインに向かっているのは明らかな事実であるということです。リスクシナリオがあるとすれば何か米国でインフレーションの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました