XRPはステーブルコインや中銀デジタル通貨と競合しない

リップル
 XRPはデジタル人民元など中央銀行が開発するデジタル通貨(CBDC)の競合になるわけではない。リップル社のシニアディレクターである吉川絵美氏がFXcoin社とのインタビューの中で見解を述べた。「ステーブルコインや中央銀行デジタル通貨がでてくると、暗号資産が使われなくなるという意見がありますが、それについてどう思われますか?」という質問に対して吉川氏は、仮想通貨XRPはステーブルコインやCBDCと競合するものではなく補完するものだという見解を述べた。「暗号資産にはいろんなタイプのものがありますが、XRPの国際決済におけるブリッジアセットとしての役割はステーブルコインやCBDCとは競合するものではなく、逆に相互補完するものだと考えています。様々なステーブルコインやCBDCを、独立した暗号資産であるXRPがブリッジすることによって流動性問題に対応し、シナジーを生むものだと考えています」仮想通貨XRPと日本吉川氏は先日、日本におけるメディア向けの事業戦略カンファレンスの中で、日本において金融機関・送金事業者とのパートナー開拓を進めていく考えを明かした。同氏は日本については国際送金コストが最も

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました