リップル、日本で金融機関のパートナー開拓に注力 | 仮想通貨XRPを使ったODLローンチにも取り組み中

リップル
 リップルは、急増する移民送金ニーズや決済インフラ改善などに対応するため、日本において金融機関・送金事業者とのパートナー開拓を進めていく考えだ。リップル社の国際事業部門シニアディレクターである吉川絵美氏が、日本における事業戦略をメディア向けに語った。吉川氏は、日本については国際送金コストが最も高い国の1つである点を指摘している。その上で、リップルとしては、個人や中小企業の海外送金やEコマース関連など「低額・高頻度の国際送金分野にフォーカス」し、送金を効率的にするインフラパートナーとして、金融機関や送金事業者を支援していく考えという。出典:Ripple日本においても外国人労働者の増加や、海外への業務アウトソーシングの増加、個人や中小企業による越境Eコマースの増加といった「低額・高頻度の送金」のニーズへの変化が進んでいると、リップルではみている。日本でのODLローンチに向け取り組み中リップルの日本市場戦略の1つは、急増する移民送金ニーズへの対応を進めていくことだ。「従来、日本の銀行から海外送金をすると、手数料に4000~5000円もかかり、着金までも3〜5日を要し、さらに、送金途中のエラー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました