ロシアと中国の脱ドル化が「突破の瞬間」に近づく

リップル
 中国とロシアは、米ドルへの依存を減らすために協力しています。両国間の米ドルでの貿易決済は初めて50%を下回った。ロシアと中国の脱ドル化ロシアと中国の間の貿易のドルのシェアは第1四半期の和解のわずか46%でした、とフィナンシャルタイムズは月曜日に報告し、ロシアの中央銀行と連邦税関局からの最近のデータを引用しました。貿易決済のための米ドルの使用が50%を下回ったのはこれが初めてでした。一方、ユーロはすべての和解の30%、国の通貨は24%でした。どちらも史上最高値です。ブレトンウッズ体制の確立以来、米ドルは国際貿易の媒体として使用されてきました。しかし、近年、一部のG20諸国を含む多くの国が、自国通貨での取引に移行しています。ロシアと中国は、貿易決済における米ドルの使用を数年間削減しようと努めてきました。2015年には、二国間取引の約90%が米ドルで行われましたが、その数字は昨年51%に下がったと発表は続きました。ロシア科学アカデミー極東研究所の所長であるアレクセイ・マスロフは、日経アジアレビューにロシア中国の「脱ドル化」が「突破の瞬間」に近づいていると語った。彼はそれが2つの国の関係を事

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました