カナダの中東料理レストラン、資産を全て仮想通貨ビットコインに投資|「現金に魅力ない」

リップル
 カナダ拠点の中東料理レストランチェーン「タヒニス レストラン」が19日、同社が保有する法定通貨全てをビットコインに転換することを決定したと発表した。同社は2020年3月に新型コロナウイルスの影響を受けて、外食を控える人々が増えたほか、政府の支援プログラムでお金が大量に出回りだしたことで「現金に魅力がなくなった」ことを理由としている。タヒニスのオーナーであるオマル・ハマム氏は、パンデミックの中で米国とカナダの両政府が現金を大量に刷ったことで「突然、私たちは経済危機の中で、お金を多く持っている状態になった」と指摘。ただ、現在の金融状態は「演奏中のイス取りゲームのようなものだ。もし音楽が止まれば何人かが取り残されてしまう」と危機感を抱いたという。ハマム氏は補助金とマネープリントによって法定通貨の切り下げが起きるのではないかと懸念していた。「現金には魅力がないことは明らかだった」とし、「結局、経済で現金がジャブジャブになると、現金の価値が下がってしまう」と考えるようになった。「時間が経つにつれて、私は金融について学び、知識を増やそうとした。ビットコインのコミュニティではビットコインに没頭する

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました