米リップル社、仮想通貨XRP利用のODL国際送金が20%超に

リップル
ODLの利用が増加米リップル社の国際送金ネットワーク「リップルネット」において、仮想通貨(暗号資産)XRPを活用したODL(旧称xRapid)による送金が20%超を占めることが分かった。リップル社でプロダクトや経営企画を担当する幹部Asheesh Birlaが、ODLが占める割合のグラフを公開した。ブロックチェーンは可能性を秘めた技術ではなく、実際に利用されていると主張。グラフの通り、ODLの送金が占める割合は右肩上がりに増加している。出典:Asheesh Birlaリップル社は18日に開催した事業説明会で、国際送金の現状についても説明した。グローバル化で国境を超えた人の動きやビジネスが加速していると述べ、年間のレミタンス送金総額は6000億円規模に達するとしている。ODLについては、メキシコやフィリピンですでにローンチしているが、今後はさらに色々な市場に広げたいと説明。国によって規制や見方が異なるため、規制当局や取引所との連携が重要だとした上で、インバウンド需要を見越して仕組みを作っていると述べている。関連:リップル社事業説明会、XRPのニーズと日本市場の戦略が明らかにまた、リップル

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました