分散型金融(DeFi)を使った予測市場が間もなく登場、プロットXがアルファテスト中

リップル
 プロットX(PlotX)が、オーガー(Augur)やその他の同様のプロジェクトとは少し異なるアプローチを採用することで、急成長しているDeFi(分散型金融)分野に強固な予測市場を作り出そうとしている。イシュ・ゴエル創業者はコインテレグラフに対し、同社はユニスワップの例にならっていると話した。ユニスワップが取引所に対して行ったことが、基本的にはプロットXが予測市場で行おうとしていることだ。競合他社の多くとは異なり、プロットXは市場を自動的に作り出し、すべての期間をカバーしようとする代わりに短期予測に重点を置く。プラットフォームに追加されるすべての取引ペアに対し、アルゴリズムが1時間に1度、取引ペアを永続的に自動作成する。ゴエル氏によれば、これによってプロットXがよりユーザーフレンドリーになり、マスアダプション(大規模な普及)が促進されるという。現在、このプロジェクトはアルファテストの最中で、利用可能なペアはBTC/USDTのみだ。プロジェクトは9月の開始が見込まれている。大きな話題となったYFI市場を加える計画があるかゴエル氏に尋ねたところ、彼は「プロトコルは実際にどのような数学的価格

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました