DeFi(分散型金融)で投機が集まるプロジェクトAmpleforth(AMPL)とは何か

リップル
 突如ローンチしたDeFiプロジェクトAmpleforth(AMPL)2019年7月にローンチしたDeFi(分散型金融)プロジェクトAmpleforth(以下AMPL)に注目が集まっています。その注目の多くが投機的なものですが、時価総額30位程度まで上昇し、その事実からだけでもこのプロジェクトの仕組みなどを学ぶに値すると言えます。本コラムでは、AMPLについて、どのようなプロジェクトなのか、 なぜ投機的な注目が集まっているのかについて解説します。参照:Ampleforth市場価格が1ドル以で、保有枚数が自動的に増えるAMPLを簡単に説明するならば、「市場価格が1ドル以上なら、自分の保有枚数が自動的に増えていく通貨」です。逆に市場価格が1ドル未満であれば、自身の保有枚数が自動的に減ります。つまり、ユーザーのウォレットの保有残高に対して金融緩和と引き締めを自動執行する点を特徴としています。この残高の変更は毎日スマートコントラクトで行われます。この調整プロセスは、Rebase(リベース)と言われます。その増減量は、供給量調整時の価格によって異なります。コンセプトとしては1AMPL=1ドルをタ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました