グレイスケールの仮想通貨ライトコイン投信、原資産の10倍のプレミアムに

リップル
 グレイスケールのライトコイン投資信託(LTCN)は最近店頭取引(OTC)で取引可能となったが、現在、その原資産であるライトコイン(LTC)の価格をはるかに超えて取引されている。記事執筆時点で、ライトコインは約60ドルで取引されている。LTCNは1株54.01ドルで取引されている。どちらの価格もだいたい同じように見えるかもしれないが、グレースケールのウェブサイトによると、LTCN1株は0.094LTCに等しい。つまり、10.64LTCNを購入すると、1LTCを持っていることと同じになる。現在の価格では 1LTC相当をLTCNを通じて買うと約574ドルになる。これは仮想通貨(暗号資産)市場で1LTCを購入する場合よりも、500ドル以上高くなる。8月20日時点のプレミアムはさらに高くなり、LTCN1株あたりの価格は99ドルだった。2020年7月、グレイスケールはビットコインキャッシュ(BCH)とライトコイン投資信託が、米国の金融取引業規制機構(FINRA)から承認を受けたと発表した。グレイスケールはLTCNを2018年3月に発表したが、その際には認定投資家のみが購入できる形だった。グレイス

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました