分散型金融(DeFi)とNFTが出会うとき : アクシーインフィニティがガバナンストークンを導入へ

リップル
 分散型金融(DeFi)が、非代替性トークン(ノンファンジブル・トークン、NFT)に合流していこうとしている。イーサリアム上で動くゲーム「アクシーインフィニティー(Axie Infinity)」のユーザー数が、同プロジェクトがガバナンストークンを発売するという見通しを前に、急増しているのだ「アクシーインフィニティ」は、プレイヤーと対戦相手が決まった順番で行動する、分散型のターン制ストラテジーゲームだ。「ポケモン」や「たまごっち」から影響を受け、「アクシー」と呼ばれるNFTに基づいた空想の生き物を育て、戦わせ、交換する。18年2月の発売開始以来、「アクシーインフィニティ」は7000人以上のトークン保有者を魅了し、4500人以上がマーケットプレイスに参加してやり取りしてきた。近頃、これまでのイーサリアムの出来高が4570ETHとなり、NFTゲームとして第11位にランクインした。NFTの所有者数で見れば、「アクシー」は、「ゴッズ・アンチェインド」と「クリプトキティーズ」を除くトップ10の全アプリを出来高で凌いだ。「アクシーインフィニティ」には、DeFiと共通する特徴がいくつかある。ユーザーが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました