カルダノ(ADA)、ステーキングの分散化を促進する新機能を計画

リップル
カルダノ(ADA)ステーキング分散化を促進仮想通貨カルダノ(ADA)の分散化を更に促進する新機能が登場予定であることが分かった。日本時間7月30日早朝、カルダノは大型アップグレード「Shelley」を実装完了。それに続きステーキングも開始しているが、以降現在までの3週間では大きなステーキングプールと小さなステーキングプールの間で委任量に隔たりが生じている状況だ。カルダノは主要なブロックチェーン・ネットワークよりも最大100倍分散化されたものになることを謳っているため、この状況に対応することは重要なテーマだ。以下の円グラフによると、約8つのステーキングプールがネットワークの半分を占めており、 最大のIOG(Input Output Global)が、約5分の1を占めている。カルダノを開発するIOHKの共同創設者チャールズ・ホスキンソンは、カルダノが世界で最も分散化されたネットワークになることができるとして次のように語っていた。約1000のステーキングプールの間で均衡が取れるようにスキームが設定されており、「Shelley」時期の最後には、カルダノは他の大規模なブロックチェーンネットワーク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました